EURU euru.info
Menu

アルピナ 世田谷ショールーム

2008年4月25日


~“Best in Class” 魅惑と合理性を兼ね備えた高性能車の提供~

地球環境問題が大きく取り上げられる世の中で、すでに40年以上にわたって、性能/燃費/CO2排出量の低減という相反する要素の効率化を哲学として世界で最も洗練された高級・高性能車の提供を目指してきたブランドがあります。それは。

今回は、そのを販売するニコル・オートモビルズ(株)が、アルピナ本国(ドイツ)以外では世界で初めて東京都世田谷区に開設したアルピナ・エクスクルーシブ・ショールームをご紹介します。

東急大井町線の等々力駅から閑静な住宅街を7分ほど歩くと、輸入車の交通量が多い環状8号道路(通称「環8」)と自然の面影が残る等々力渓谷が交わるところに、が見えてきました。

ショールーム全景

ショールームでは、の正規輸入元であるニコル・レーシング・ジャパン(株)マーケティング部 部長の鈴木謙一さん、そしてニコル・オートモビルズ(株)営業部 部長の松村泉さんのお二人からお話を伺いました。

-まずは、ショールームのご紹介をお願いします。

このショールームは、東名高速、第3京浜のインターチェンジから近く、関東・中部地区のお客様のアクセスが容易であり、なおかつ世田谷区、目黒区、大田区といった輸入車の保有率の高い地域にお住まいのお客様を迎え入れやすい拠点として、2008年1月に開設しました。

ご覧になっていただくとわかるのですが、このショールームは、自然の宝庫である等々力渓谷が隣接しているので、春にはバルコニーに植えた桜が咲き、夏に向 かって等々力渓谷の緑が芽吹く自然の景観を味わっていただくことができます。この緑はアルピナの企業カラーにも結びついており、都会の喧騒を忘れて自然の 雰囲気を味わいながら商談していただける環境が作れたと感じています。ちなみにアルピナのキーワードには「環境」という言葉も盛り込まれているんですよ。

ショールーム脇に咲く桜が美しい

-場所を見つけるにはご苦労されたのでしょうね。

開設に当っては、世界で初めてのショールーム単独店舗の立ち上げという事もあり、この場所の決定に至るまで、様々な場所を検討し見学も行いました。ショー ルームの広さや駐車場、お客様のおもてなし等、あらゆる項目を検討してこの場所に決定しましたが、おかげ様でこれまでの苦労が実ったと感じています。

等々力渓谷の自然を味わいながら商談ができる

-ショールームのデザインには本国のCIがあるのですか?

いえ、店舗デザインは当社が独自に設計しています。オープン時にはお世話になったお客様をお招きし、等々力渓谷に面したバルコニーでウエルカムパーティーを行い、とても喜んでいただけました。

ちなみに当社では、港区・青山にもショールームを開設していますが、青山はオフィス街で駐車場スペースが少なく、お客様にご不便をおかけしていました。そ の点、世田谷ショールームは駐車スペースもゆったりと取れているので、特に、当社のブランドをご存知でないお客様にアルピナをもっと知っていただきたいと 考えており、気軽に来店され、お買上げいただくケースが増えてきました。

なお、現在のスタッフ人員は、営業が4名、受付が2名、業務が1名、そして私(松村)を含めた総勢8名体制で運営しています。

ショールームに入ると、B3 BiTurbo Cabrioが迎えてくれる。

ショールーム2階の風景

-BMWアルピナについてお聞かせ下さい。

世界有数の自動車メーカー、BMWの優れた製品をもとに、見識の高いお客様のために、また、美しいものに対する憧れを持つ方々のために特別な車を造るメーカーがアルピナです。

もちろん、BMWにもスポーツ性能を特化させたモデルもありますが、我々がご提供している車両は、「高性能」と「快適走行性能」を融合させたクルマだと認識しています。また、高級な質とは、この高性能・快適走行性能のすべてにおいてアルピナ社が目指すスタンスです。
それを如実に物語っているのがエンブレムです。
創業当時のチューニングの象徴としてアルピナ社の基礎を築いたダブル・チョーク・ウェーバーのエアファンネル。そしてクランクシャフトを加え、赤と青を配色し、赤は限りない情熱、青は知性、高い志を意味しています。

ショールーム内に輝くエンブレム

その哲学を具現化したのがです。アルピナ社は年間1,000台以上を生産するメーカーではありません。それは、全ての車両を手間と時間をかけて職人一人一人が魂を込めて作り上げているためで、完璧な仕事とクオリティをお客様に届けることができています。

こうした姿勢は、お客様が本国工場を見学された際、膨大な手作業の工程を経て車両が生産され、最高の状態でお客様の手に届けられることを目の当たりにすることができます。見学されたお客様は、「メーカーや職人の哲学を購入した」と、どなたも喜んで帰国の途に就かれますよ。

また、お客様のご希望に応じ、世界でたった一つのクルマをご提供することができるのもアルピナ社の強みと考えています。具体例では、内装も革の種類の選択から、シートステッチの色に至るまで、多種多様なご要望に基づいた商品をお届けすることができます。

本来ならばこの哲学をより多くのお客様に感じていただきたいのですが、生産台数が限られてしまうことから、なかなか感じ取っていただく機会が作れず大変心苦しいです。

内装にもアルピナ社の独自哲学が感じられる

-先ほど環境がキーワードとお聞きしましたが

は、高性能、快適走行性能、オリジナルに重点を置くだけでなく、環境にも力を入れています。

その端的な例として、ドイツ本国では80年代初頭まで自動車排気ガスの規制に関する法律がありませんでしたが、1983年、地球を守り未来により良い環境 を残すため自動車の排気ガス浄化に触媒を取り付けることを宣言したメーカーが、アルピナです。これがきっかけとなり、他のメーカーも追随したと聞いており ます。

また、1995年、電気加熱式触媒SUPER CATを自動車メーカーとして初めて標準装備したメーカーでもあります。これは、自動車のエンジンスタート時、触媒が冷めている時点では排気ガス浄化が充 分に機能しないため、イグニッションを回すと、白金を用いた部品で触媒を強制的に暖め有害物質の放出を抑えるシステムです。

SUPER CAT のイメージ

BMWとEMITECによるこの共同プロジェクトは完全に新しい排気ガス制御技術を生み出し、1996年から施行されたHC、NOxおよびCOの排出規制に対し、排出レベルをそれぞれ20%以下に抑えるという実績を残しました。

さらに、 アルピナ社は、ジュネーヴ・モーターショーの際に「高級・高性能自動車メーカー、アルピナと同様に効率が高く、燃費が低いという哲学を中心にしている他のメーカーはないでしょう。アルピナはこの哲学を40年以上成功裏に行っています」とコメントしました。
同じセグメントの競合モデルと比較すると、燃費に対してトップ・ランキングとなっています。これは、“Best in Class”と称され、アルピナ社のモットーとなっています。

数々の独自アイデアが盛り込まれたモデルの数々

-素晴らしい哲学ですが、アフターサービスではどのような体制でいらっしゃるのですか

アルピナはBMWとの密接な業務提携があり、当社が取扱うの全車両は、全国のBMW正規販売店でBMWと同じ保証を受けることができます。品質にも信頼感があり、長距離ドライブも安心した対応が可能です。

さらに、部品についてもドイツ企業の合理的な精神に基づき、BMWオリジナルのパーツが使用可能な部分は極力そのまま使用しています。もちろん、アルピナ専用のパーツはアルピナから供給されますのでご安心下さい。

世界有数の自動車メーカーであるBMWと手工業ながら高い技術力を持つアルピナ社が気持ちをひとつに共有―この意識と努力が重なってすばらしい自動車として結実したと考えております。

-今後のご予定についてお聞かせ下さい。

メーカーでは、この9月にB3 Bi Turbo Touringの発表を予定していますので、近日中には皆様に詳細な情報がお知らせできます。
アルピナ社の哲学と魂で作り込まれた商品をより数多くの方々に体験していただきたいと考えております。

どうぞお気軽に本ショールームにお立ち寄りいただければと思っています。

-最後にお伺いいたします。輸入車の魅力とは?

松村さん
クルマは、各々の国の文化が注入され製作されています。その文化がクルマの「味付け」に出ることによって、日本のお客様にクルマの選択肢を増やしてくれる のが輸入車だと考えています。多種多様なクルマの中から、自分のスタイルに合った価値や基準を選ぶことができ、個性を選択できるのが大きな魅力だと感じて います。

鈴木さん
輸入車は、オーナーの個性、ライフスタイルを映すカガミであると考えますね。
国によって様々な歴史や文化がありますが、その国々で作られたクルマには日本車には無い個性を持ち合わせていると感じます。
その個性が、オーナーのライフスタイルにさらなる豊かさを提供していると思います。

-本日はありがとうございました。

今回お話を頂いた、鈴木さん(左)と松村さん(右)

○アルピナ世田谷ショールームはこちらから。

○BMWアルピナについてはこちらから。

お近くにお越しの際、是非お気軽にアルピナ世田谷ショールームにお立ち寄りください。

フォトギャラリー

本記事の取材は、2008年4月に行いました。


https://best-mining.com.ua

https://steroid.in.ua

kinder-style.com.ua/boys/kofty_rubashki_futbolki/