EURU euru.info
Menu

JAPAN LOTUS DAY 2015

2015年5月27日


~ロータスの魅力を五感で楽しむファンミーティング~

エルシーアイ株式会社2015年5月10日(日)、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)でJAPAN LOTUS DAY 2015(ジャパン・ロータスデー2015)を開催しました。

pic_lotus1505_a

JAPAN LOTUS DAYは、クラシック・ロータスから現行ロータスまでが勢ぞろいする、ロータスのファンミーティングで、2009年9月27日(日)に初めて開催され、今回が5回目となります。
過去4回は秋の開催でしたので、春の開催は今回が初めてです。

イベント名称 開催日 場所
JAPAN LOTUS DAY 2009 2009年9月27日(日) 富士スピードウェイ
JAPAN LOTUS DAY 2011 2011年10月29日(土) 富士スピードウェイ
JAPAN LOTUS DAY 2012 2012年11月3日(土祝) 富士スピードウェイ
JAPAN LOTUS DAY 2013 2013年10月27日(日) 富士スピードウェイ
JAPAN LOTUS DAY 2015 2015年5月10日(日) 富士スピードウェイ

今回は550台のロータス車のエントリーがあり、ロータスファンを含め、1,500名もの方々が晴天の富士スピードウェイを楽しみました。
ロータスオーナーの中には、遠く山形県や鹿児島県からのエントリーがあったようです。

pic_lotus1505_b

pic_lotus1505_c

サーキット三昧の一日

全長4,563メートルのレーシングコースでは、クラス別のスポーツ走行、タイムチャレンジ、体験同乗試乗、ヒストリックミュージアム・デモラン、サーキット・エクスペリエンス、LOTUS CUP JAPAN 第2戦、スーパーテック第1戦などが行われ、サーキットを走るロータスの姿を朝から夕方まで堪能することができました。

pic_lotus1505_d

pic_lotus1505_e

特に人気だったのが、プロドライバーが運転するロータスへの体験同乗試乗です。
幸運にも当選された方々は、荒 聖治選手をはじめとするプロのレーシングドライバーが運転するロータスの助手席に乗車し、フルブレーキングや強烈な横Gに驚きの声を上げていました。

pic_lotus1505_f

ロータス車種別駐車(ディスプレイ)

一方で、Aパドックと呼ばれるエリアでは、ロータスオーナーの愛車が車種別に整列駐車され、現行モデルからクラシックモデルまで、多彩なラインアップを見学することができました。

エヴォーラ、エキシージS V6、エキシージ シリーズ2、エキシージ シリーズ1、エリーゼ 2011年モデル以降、エリーゼ シリーズ2、エリーゼ シリーズ1、2イレブン、ヨーロッパS、エスプリ、340R、エラン、ヨーロッパ、エリート、エクセル、ケータハム

pic_lotus1505_g

pic_lotus1505_h

また、全国のロータス正規ディーラーやショップも出店。
各店のデモカーやパーツなどを展示していました。

pic_lotus1505_i

今回もロータスの歴史的価値のあるモデルがヒストリックミュージアムに勢ぞろい。
20台近くのエントリーがあり、これらのモデルを間近で眺められるだけでなく、デモランでは往年のロータスサウンドが蘇りました。

pic_lotus1505_j

ステージイベント

ステージでは、モータージャーナリストの飯田 裕子さんの司会進行により、体験同乗試乗会の抽選会、出店ディーラーやショップのPR、ロータス カルトクイズ、トークショー、LOTUS CUP JAPAN 第2戦などの表彰式、コンクール・ド・エレガンスなどが行われ、来場者を楽しませました。

pic_lotus1505_k

pic_lotus1505_l

恒例となったロータス カルトクイズには、ロータスファンならだれでも知っている質問から超難問まで出題。正解者には景品が用意されるとあって、大いに盛り上がっていました。

  • ・ロータスの本拠地は?
  • ・ロータスのボディカラーの名前の中で一番長いのは?
  • ・ケータハムセブン250に設計協力しているメーカーの名は?

pic_lotus1505_m

コンクール・ド・エレガンス

会場に集まったすべてのロータスの中から選ばれるコンクール・ド・エレガンス。
プレゼンターは、ロータスのインポーターであるエルシーアイ株式会社、ヨコハマタイヤ横浜ゴム株式会社、イギリス生まれのカーケア用品「オートグリム」の日本総輸入・販売元であるプレミアム・カーケア・ジャパン株式会社です。

■エルシーアイ賞

エルシーアイ賞を受賞したのは、米澤さんのエスプリ ターボです。
エルシーアイの川村さんは、選考の理由について、「前身インポーターのアトランテック商事さんが輸入したエスプリを新車からワンオーナーで所有されている。」と説明しました。
米澤さんは、小学校4年生の時にお父様がこのエスプリを購入され、それ以来、フルオリジナル状態を保ち、ガレージで大切に保管されているとのことです。

pic_lotus1505_n

■横浜ゴム賞

横浜ゴム賞を受賞したのは、井合さんのエヴォーラS スポーツレーサーです。
横浜ゴムの湯瀬さんは、選考の理由について、「エヴォーラがスーパーGTに参戦し、今年さらに注目を浴びているモデルなので、エヴォーラを対象にしました。当社のアドバンネオバを履き、アドバンと言えば赤黒なので、この赤いエヴォーラを選びました。」と説明しました。
ロータスを何台も乗り継がれた井合さんは、パドルシフトのフィーリングと、後席に荷物などを載せられる点が気に入っているとのことです。

pic_lotus1505_o

■オートグリム賞

オートグリム賞を受賞したのは、近藤さんのエリーゼS クラブレーサーです。
プレミアム・カーケア・ジャパンの大森さんは、選考の理由について、「ボディカラーとシートカラーが合っているうえに、ドライビンググローブやドライビングシューズ、さらにはハンドバックまでボディカラーのスカイブルーでコーディネートされている点を評価しました。」と説明しました。
近藤さんは、エリーゼに一目ぼれして購入し、オートマ免許を限定解除し、エリーゼを購入されたとのことです。

pic_lotus1505_p

パレードラン

日も傾き、楽しかったサーキット三昧の一日も終わりが近づきます。
閉会式後、参加者全員によるパレードランをレーシングコースで行い、JAPAN LOTUS DAY 2015はお開きとなりました。 次回の開催も楽しみです。

pic_lotus1505_q

○ロータスについてはこちらから
LCI Limitedオフィシャルサイト

JAPAN LOTUS DAY 2015 フォトギャラリー

本記事の取材は、2015年5月に行いました。


http://np.com.ua

www.avtokum.com

http://pillsbank.net